一華の一日記録

ちまちまと( ^ω^)・・・

スパイダーマン ホームカミング 感想 

こんばんは!一華(@chocorisuichi)です(*´▽`*)



この間スパイダーマン ホームカミングを仕事終わりに見てきました!




f:id:cirorin53:20170905165032p:plain


マーベル・コミックとしてのスパイダーマンですね!


実のところマーベルシリーズはお恥ずかしながら全く見たことがありません!


アメコミに当時そこまで興味がなかったのです。


見ようと思ったのは【ロバート・ダウニー・Jr】が出てるから!


ミーハーです、ハイ


シャーロック・ホームズ】という作品をたまたま見たんですがそれでドはまりしてしまいました!


そちらについてはこちらで語ってます(笑)↓


http://chocorisu.hatenablog.com/entry/20170905/1504609200chocorisu.hatenablog.com




話が逸れましたが、


こちらのあらすじは


ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン(ピーター・パーカー)。

昼間は15歳の高校生のしてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのトニー・スターク(アイアンマン)から貰った特製スーツに身を包み、

NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の〈ヒーロー〉として認められること。

ある日、スタークに恨みを抱く宿敵"バルチャー"が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。

アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、ピーターはたった一人、戦いに挑むが…。


www.spiderman-movie.jp


↑からあらすじ頂きました。


今までで一番若いスパイダーマンですね。


青年ではなく、少年


スパイダーマンになるまでの過程が省略されてますが、一応超人らしいですちゃんと。


高校生クイズみたいな大会に出るほど、学力が高いサークルに所属していたみたいで、そのサークル内の美女に恋してるんですね〜❤


その高い学力で蜘蛛の糸とかを開発していたので、今回のスパイダーマンは超人ではないかと思ってしまいました。


それにしてもスパイダーマンの設定の男の子はみんなイケてないメンズですね…なぜでしょう(笑)


スパイダーマンの最大の魅力はそのスピードですよね!


予告で有名な半分になった船を糸で繋ぐシーンがあるんですが、あそこは頭の良さと超人さがあってこそできる技でした。


素早い判断力とミスのない的中率が素晴らしかったです!


その自身の素晴らしい能力とトニー・スターク(アイアンマン)が作成したスーツのおかげで


より、技の威力やクオリティーアップ!パフォーマンスもアップ!


近代的スパイダーマンです!


ただ、若さゆえの早まった行動からどん底まで落ちてしまうんです。


でも、その気持ちわからなくないです。 ただ、努力を認めてほしくて、自分を見てほしくて、一生懸命やってるのになんで!?


その頃は自分が間違ってるとは思わないですよね、まっすぐ正面しか見てないと言っても過言ではないです。


それでもピーターはスーツに頼らず自分自身の力で悪を倒すのです!!!



f:id:cirorin53:20170905165130p:plain




手に汗握る最後の戦いを終えた後、ピーターは1つしかなかった選択肢を


自分自身で増やし、自分の進むべき道を決めるのです。


成長したピーターを見て、こうやって大人への階段を上っていくんだなと


感動しました!


スパイダーマンの中でも見やすい作品だったと思います。


洋画大好きで、激しいアクションや戦闘を好む方はちょっと物足りないかもしれません…


これはこれ!と思って見ていただければ、違った目線で見られるかもしれません(⌒∇⌒)



夏休みも終わり、映画館はまた少し静かになりました。


ここからは大人の時間ですね!








私は映画を見ることで、自分を見つめなおすことができます。


日常を忘れさせてくれる映画も好きですし、感情移入できる映画も大好きです。


ホラーや残酷なものはちょっとご遠慮ですが…(笑)


映画を見た後の思いを言葉にするのはとても難しいです、ボキャブラリーがなくて…


でも、伝えられるよう頑張ります!


これを見て、「久しぶりに映画でも見ようかな」なんて思っていただけたら嬉しいので!


人生変わるかも!は大袈裟ですが、なにか壁に当たった時やつまづいた時に


前向きになれたり、切り替えられたりできる映画と出会えることができますように!